2010年02月19日

季節の変わり目はパソコンも要注意

季節の変わり目は人間にとっては体調を崩しやすい時です。
 
ここ最近の温かくなったり、また寒くなったりという気候で風邪をひいたりする人も多いかと思います。
 
でも、この風邪は人間だけではないようで、パソコンやサーバーも調子が悪くなりやすい時期です。
 
昨日、お客様のサーバーのディスクで異常が感知され連絡がかかってきました。
サーバーの前面の青いLEDが、異常時にはオレンジになっているようです。
これはなんらかのトラブルが発生していることを知らすインジケーターで、ハードウェアがまだ動作しているようであれば致命的ではないというレベルのものになります。
 
早速リモートでログインし、サーバー監視用ソフトで調査してみますと。。
 
ディスクが死んでいました。
でも大丈夫です。 お客様のディスクは、2つのディスクに同時に書き込むとういうRAID1(レイドワン)という方式をとっていましたので、片方のディスクは正常に動作していました。
その上、毎日夜間に外付けHDDに自動バックアップする機構も持っていますので両方が壊れたとしても、昨日の終了時点には戻せます。
 
で、DELLのサーバーでしたので、早速サポートに連絡しました。
本来なら当日に訪問して作業をするのですが、お客様の会社は市場なので朝が早く(朝2時〜午前中)、既に時計は午後3時前。
これから訪問するとなると、お客様の担当者は家に帰ることもできなくなります。
ということで、翌日の立会で調整することになりました。
さすがに朝2時にはいけませんが、サーバーを使用するのが朝6時半ごろからだということなので、その時間前に現地入りしました。
 
最悪、翌日になってサーバーのHDDが両方ダウンしてしまう可能性もあるので、昨日のバックアップを予備機にセットして持ち込んでおきましたが、私が到着した時も問題なく稼働しています。
なので、このまま使用してもらうこととし、サポートが到着する10時まで待機。
朝の市場は活気がありますが、既に7時近くなるともうみなさん、半分お片づけモードのようです。
普段見たこともない魚や、高級そうなマグロやタイがあちこちに!
 
担当者さんと話をしたり、色々しているうちに早めにサポートが到着。
一旦サーバーを停止して、他におかしなところがないかハードチェックをしています。
結果としてはHDD1つのみ異常ということで、おかしいHDDを取り換えし、正常動作を確認してからシステムを起動!
RAIDが自分のデータをもう片方にもコピーする間は少しサーバーへのアクセススピードが落ちましたが、特に問題はなさそうです。
 
お客様も5年間のオンサイト保守に入ってもらっているので、費用はゼロです。
どうしてもHDDに関してのトラブルは弊社が立ち会わないとどうしようもないですが、このオンサイト保守は大変安くてお値打ちだと思います。
HDDは消耗品なので故障することもあります。 こういうサービスに入っていれば1回コールするだけでも元が取れるような価格です。
 
お客様と、「サポートに入っててよかったですね」って言って先ほど事務所にもどってきました。
 
弊社にかかってくるトラブルで機器の故障で多いのが、7月ごろと11月、2〜3月です。
7月のトラブル原因の第一は、埃です。 パソコンはCPUを冷やすために常にファンが回っています。
そのために外部の空気を取り込むのですが、少なからず埃が付いているものです。
それがだんだんと通気口をふさいでしまい、梅雨時期の湿気でカビや泥のようになってきます。
パソコンは空気が入りにくいのでCPUを冷やすためにもっと高速にファンを回します。
この悪循環であっという間にオーバーヒート。
11月ごろのトラブルは電圧関連です。 寒くなってきた頃で、ちょっと足元だけというところに、ヒーターを置いたりしますが、パソコンと同じコンセントから電気をとっているために、電圧不足になってパソコンがブルースクリーンになったりします。
2〜3月ごろは温度変化です。
急に部屋を暖めたりすると、パソコンの内部回路が結露して電源が入らないような現象が発生したりします。
と、傾向だけでもこのように色々ありますので、注意しましょう!
 
 
※実は、本来今日は少し遠くのお客様へ訪問して打合せをする予定でがありましたが、この件で急きょ日程を変更してもらうことになってしまいました。
トラブル対応を優先してくださいと快く了承してもらいましたが、逆の立場の時は遠くでもお客様のところに走ります! ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
posted by ミーズシステム株式会社 目面 秀信 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サポート