2009年12月29日

これからの取り組み

2009年も残すところ数日。
 
弊社は外向き一般には29日から4日までお休みですが、お客様の中には31日までずっと仕事をされている方も多くいらっしゃいます。
ですので、31日の夕方までは毎年『スタンバイ状態』で待機しながら、内勤の仕事になるんです。
 
「大掃除は?」 ということですが、他の社員が大部分は行ってくれますので、私は自分の周りの整理を、ちょこちょこっとだけ、内勤の気分転換レベルでやっています(^^;
 
今年、自分にとって大きな取り組みとしては『ネット通販業』 の開始です。
当初、目的はモノを売ることではなく、弊社の受注管理システムや販売管理システムに自動連携するといった部分を作りこむ目的でしたが、モノを売ることがいかに難しく、気を遣い、そして楽しいことなのだということが分かるようになりました。
 
人に何かを勧めるときに、一番大事なのは「便利」「安い」とかではなく「簡単」「楽しい」ということを自分がどれだけ理解して相手に伝えることができるかということだと思います。
そういう意味では大きな経験となりました。
 
ネット販売を始めたいという人の中には、「放っておいても注文が入ってくる」とか「物を売るのは苦手だけどネットならパソコン相手なので大丈夫だろう」と思っている人も多いようですが、そういう人には私は「やめた方がいい」ときっぱり言うと思います。
大事なのは、「どういう商品をどういう方たちにどうお届けしたいのか」ということで、ネット通販はあくまでもその手段にすぎないのです。
人からものを買い、人に便利さや付加価値をつけて販売する。 そういう隙間を埋めるために存在価値があり、その存在価値をより高めようとする人が成功するのでしょう。
逆に、右から左に商品を転がして差額がもらえるのがネット通販だと思っている人は、数年前までは良かったと思いますが、現時点ではもう通用しないですね。
 
話題が少しそれましたが、昨日も仕事中や忘年会中(笑)にも注文が数件入ってきています。
今日も、在庫のあるものは早朝にまとめて出荷手続きをして集荷依頼をかけました。
このように、サラリーマン時代には経験できないことが多くありますし、SEとしてもやったことない仕事がたくさんあります。 
だけど、これらは実際に当社のお客様(物を販売されている会社)が、毎日、何十件、数百件とこなしているのだと思うと、「いかに効率的に行うか」、「ミスが起きにくい方法は?」、「すぐに問い合わせに回答できる方法は?」ということが少しでも理解できてきたということです。
 
来年はこれらの経験を、当社システムにどう完全連携していくかを中心に活動したいと思います。
 
 
話は変わって、 昨日届いた他の人のメルマガに興味深いことが書いてありました。
 
『過去の10年が、デジタルで何ができるか」が主題だったのに対し、これからの10年は「誰と何をやりたいか」だということ』
 
です。 
恐らく同じIT業界の仕事をされている方は皆さん感じていると思いますが、どういうことができるかという発想はほぼ見えてきていて確立しつつあります。
弊社も、『これから誰と何を一緒にやっていくか』ということを常に考え、いろいろな人と話をし、同志たちと『目の前の利益ではなく、誰もが楽しいと思えること』にチャレンジしていこうと決めました。
 
仕事を提供するとかしてもらうという関係ではなく、同じ夢を持ってチャレンジできる関係。
 
この言葉にピーンと来た人は是非ご連絡ください!
posted by ミーズシステム株式会社 目面 秀信 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長として

2009年12月25日

腱鞘炎・・(>_<)

二日ほど前から右の手首が異常に痛い。。
 
何が原因だろうといろいろ思い起こしてみると、この日、近所の自治会の活動で約2時間ずっと
ビデオカメラを構えて撮影していました。
 
ずっと構えて撮影している手の格好が悪かったのでしょうか。。
手首を動かすとなんだかとっても痛いです。 激痛とは言わないですが、おそらくボールを投げるのは厳しいぐらいです。
 
右手はマウス操作にもメッチャ必要ですし、ちゃんと早く治ればいいんですが、おそらく腱鞘炎なんでしょうね。
 
原因らしき内容がちょっとカッコ悪いけど、商売道具だから医者に行った方がいいのかな。
悪化すると手術も必要なみたいだし。。
 
あー歳をとるといやですねー。
posted by ミーズシステム株式会社 目面 秀信 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月24日

まず行動することが大事

もう法人化して1年がたちます。 決算でもあるので、今年1年を振り返って、できたこととできなかったことを洗い出してみました。

実際にできたものがたとえ成功していなくても、自分として結論が出せたものは「できたこと」に計上し、「できなかったこと」というのは
着手したかったけどできなかったものと定義することにしました。

そして完成した一覧をずらっと見てみると、失敗だったとしても「できたこと」に計上したものは、技術者としてある意味納得ができていて、
結果としてはやってみて良かったと思うものばかりです。

逆に「できなかったこと」に計上したものは、結果として最終的にやらなくてよかったと思うものは皆無でした。。

もしかしたら、私はハイハイを始めたばかりの幼児と同じなのかもしれない。。
この頃の幼児だと、目の前にあるものを片っ端から口に入れようとする。 それがいいものであれ、悪いものであれお構いなし。

私も、目の前にある“新しいこと”を我慢できずに片っ端から自分で体験し、経験してみようとする。
それがお金が少々かかろうが、睡眠不足になろうがお構いなし。

おんなじだ。
でも、やってみて良かったと思えることは素敵だと思う。

今、当社の主力になっているソリューションとして、.NETへの早期移行、Windows Server 2008の早期移行、Windows 7への早期移行、
仮想化環境への早期移行、リモートメンテナンスの対応、VPNによる遠隔オフィスとのLAN化、Oracle11gへの早期移行など、これらは
発表当初はどのソフト会社もあまり食いつかなかった部分かと思う。
最近では当たりまえなことだけど、これが“当たり前”になるのか、“やれば多分できる”というレベルでは、提案時には大きな差となっている。


で、結果として来年の目標も立てないといけないのですが、一番大事なのは『まず行動すること!』だと感じています。

よく、「行動する前によく考える」「よく考えてから行動する」ということを言う人がいますが、やる前に考えてもわかるはずないんです。
行動することで、色々調査して見えてくるんですから。


だからあえて、『考えるために行動する!』ことをお勧めします!!


こういう同じ匂いのする方がおられましたら是非、私へメールくださいね!
やりたかった色々を一緒に語って、そのうちの何かをやってみませんか!?

posted by ミーズシステム株式会社 目面 秀信 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長として

2009年12月11日

データ移行が一番難しい

お客様のシステムを入れ替えする場合に一番気にするのが『データ移行』です。
以前にも弊社のシステムをお使いであればよいのですが、そうではない場合はかなり問題が発生します。
 
大きくあげると
 1.文字コード、外字などの問題
 2.文字列長さの問題
 3.データ品質に問題
の3つがあります。
 
1つ目の文字コード、外字などの問題についてですが、Windowsの文字コードがいつの間にか変わっていたのをみなさんご存じないようであまり理解されていない方が多いようです。
昔、MSDOSの時代は日本では SHIFT-JIS(シフトジス)というものがよくつかわれるようになりました。
この構成は簡単で、半角1文字は1バイト、全角1文字は2バイト、外字も同じく2バイトで構成されていますが、Windows 2000頃から SHIFT-JISではなく Unicode(ユニコード)に変わっているのです。
古いデータが SHIFT-JISの場合は基本的にはこの文字コード変換を行いながら処理する必要があります。
通常は新しい環境で古いデータを読み込んで処理するので、Unicodeに変換するというよりも、どうやってSHIFT-JISを読み込むかという側を確認しないといけません。
 
2つ目に文字列の長さの問題です。
1つ目で話ましたが、Unicodeになったために、半角や全角という区切りで内部コードのバイト数が決定できなくなりました。 WindowsXP以降はWindowsではUTF-16というものが使われていて、半角でも全角でも総て2バイトで内部表現されています。
しかし、データベースなどでは、UTF-16よりもUTF-8が使われることが多く、この場合は半角英数は1バイトなのですが、半角カナ文字や全角は1文字でも3バイトとなっています。
つまり、データベース設計は、格納される文字の種類によって最大の値をとらないといけないのです。
簡単にいうと、半角カナが入る可能性があればSHIFT-JISの3倍のバイト数が必要なのです。
このことによりパフォーマンスの問題やいろいろな問題が発生しますし、自分でバイナリサーチのロジックを組んでいる人はインデックスに日本語が含まれる場合はうまく検索できなくなります。
 
3つ目にデータ品質です。
過去のシステムが何度かバージョンアップした場合、バージョンアップ以前のデータは最新のデータベース構造の要件を満たさない場合があります。
そうすると、入るべき場所にデータがセットされていなかったりすることがあります。
ないところからデータを作る必要があるので、それなりのロジックを作成したり、または別途手入力するなどの対応が必要になります。
そのほか、バグによるデータ破損や不整合なデータも厄介です。
 
これらを想定し、変換アプリを構築したり、手入力で補うシートを作成したりと、なかなか簡単にはいかないのです。
しかし、ここで手を抜くと、新しいシステムで予期しないデータを処理してしまい、システムダウンの可能性も発生します。
 
このように一部の問題を書きましたが、データ移行は弊社だけではできないので、お客様の手をたくさんかりるのも事実です。
一番いいのは再度手入力ですが、仕方ないものもあります。
 
今後も慎重に、かつ確実に進めていきたいと思います。
posted by ミーズシステム株式会社 目面 秀信 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

2009年12月09日

ビジネスフェアのご来場ありがとうございました。

平成21年12月8日(火)にマイドームおおさかで行われました『農商工ビジネスフェア2009』が無事に閉幕しました。
1日だけの開催でしたが総合受付来場者は2700名!
 
お忙しい中、弊社ブースにお越しいただきました沢山の皆様、本当にありがとうございました。
ご提案の機会を頂きました企業様には、早急に日時を調整させていただき、出張デモをさせて頂きます。
短い時間でしたが、皆様とのこの出会いをきっかけに、何かお役に立てることを楽しみにしております。
 
 
余談ですが、今回は弥生株式会社様のご協力もあり、弊社ブースにはたくさんの弥生シリーズの箱が置いてあったと思います。何度も「弥生製品の開発をされているんですか?」とか「ライブドアとのゴタゴタはどうなったの?」、「うちも使ってます〜」というお言葉をかけて頂きました。(笑)
 
ちょっと勘違いされるぐらい、弥生の存在って大きいんですね。
 
当社は『弥生シリーズとデータ連携ができる』会社ですので、弥生シリーズの構築には一切かかわってはいませんが、コスト削減のために弥生の良いところをうまく使い、トータル的にお客様をサポートいたします。
 
インストラクタースタッフも常時2名在籍しておりますし、導入から教育もバッチリですよ!
(私も認定インストラクターです)
 
話は変わって、今回出展されていた企業でIT関連の会社様は、ほとんどが自社独自の販売管理システムを持っているようです。
同業ですけどおおよその費用などを聞いてみましたが、どこも高いですね・・。
最安値でも弊社の4〜5倍、高いところだと60倍もの価格です。。
いろいろお話を聞いているうちに分かったのですが、悪循環になっているようです。
 1.お金と人をかけて作った。
 2.人件費と開発費用を回収したいので高く設定。
 3.売れないので、広告費用を払い、価格をアップ。
 4.少し注文はとれるが、カスタマイズが多く、割に合わない。
 5.上記2にもどる。
 
弊社からみると大きな問題があります。 
 1.売れないからいろいろな機能をつけると、余計に開発(変更)、維持コストが増える。
 2.費用を回収したいと考えすぎて売ることに力を入れすぎている。
 
ミーズシステム鰍ナは、これらの無駄を排除することで低価格&カスタマイズも安いシステムの提供ができています。
 
カスタマイズ案件だと一般的に「予算は200万円から」というものが多いですが、弊社では「予算は20万ぐらいから高くなっても100万」と大きな差があります。
これは販売管理システムを20年以上構築してきた自信です。
お客様にとって有意義なシステムを、できるだけ安価に提供すること。 そのための努力を今後とも行ってまいります!
posted by ミーズシステム株式会社 目面 秀信 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長として

2009年12月06日

どこの製品がいい?っていう質問

いろいろなお客様と話をしますが、当社は『デル』のパソコン、サーバーを推奨していることを言うと、パソコンに詳しい人ほど、『えーっ!』って言われます。
 
この「えーっ」の真意としては、「デルは故障が多い」ということのようです。
 
正直、3〜5年ほど前に、個人向けのPCをデルで購入された方にトラブルが多かったのは私も承知しているのですが、7年ほど法人向けのPCやサーバーを使ってきましたが、大きなトラブルなどは一度もありません。
法人向けモデルで、オンサイト保証が付くタイプの機種は、トラブルが多いとデルも大変になるからだと思いますが、本当に故障も少ないです。
 
逆に、NECや東芝、IBM、HPなどの機種も納品しますが、どこも個人向け用のPCはトラブルが多いのが現状ですね。
この中でデルが優れているのは、オンサイト保守(使用している現場までエンジニアがきて即日修理してくれる)をつけても安いということです。
よく納品するタイプですと、7万5千円でこのぐらいのものが買えたりします。
 RAM2GB,HDD250GB,Windows7Pro,
 CPUCore2DuoE7500、DVD-RW/2層書込、
 20インチワイドモニタ、36ヵ月のノートンアンチウィルス、
 翌日オンサイト3年間
 
同じスペックでこの値段になるメーカーはまずないと思います。
あっても、CPUが遅かったり、オンサイトがなく1年間持ち込み修理だったり。。
 
こういうことを総合して、私はデルを推奨しています。
 
ただ、どんなメーカーでもやはり100%はありません、当たり外れもありますので
それなりのサポートが必要です。
 
こういったサポートについても、ミーズシステム鰍ナは手厚く行い、余計な出費が
あとから発生しないように考えています。
 
要は、どこのメーカーがいい? っていうのではなく、ハードだけでなく運用も
一緒にサポートができるメーカーを選びましょうね!!
posted by ミーズシステム株式会社 目面 秀信 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サポート

嬉しいお言葉、ありがとうございます。

昨日、お客様へのデモに三重に行ってきました。
 
10時に約束をしていたのですが、三重ということで、朝早くから出発しないと厳しいかな。。 と思っていましたので、7時に家を出ました。
奈良はあいにくの雨。。
 
コンビニでおにぎりと飲み物を買ってレッツゴーー!!
 
うれしいことに名阪国道の手前では雨も止み、朝早いので道もスイスイ。
現場(四日市の北の菰野町というところ)近くに着いたのが9時過ぎ!!
 
道のりは約140Kmもあるのに、高速道路を使わず2時間ちょっとでいけるのは意外とびっくり!
三重というととても遠い気がしますが、混んでいる京都市内に行くよりも時間的には同じかもしかすると早いぐらいです。 (さすがにガソリンは減りますね。。)
 
こりゃちょっと早すぎる! と思ったので、ちょっと近くのスーパーに寄り道。
もうクリスマス関連の品物やお正月向けの品物もたくさんありますね。
 
ぶらぶらーとしていると9時半になってしまったので、少し早いけど客先に向かうことに。 
 
打合せは、業務フローに沿った詳細運用の方法のヒアリングと、現状の仕事の進め方、困っている内容、改善したい内容、イレギュラー対応などです。
話は常に盛り上がり、ご担当の方もみなさんとても真剣に、かつ的確に結論や方向性を決めて頂けたので、4時間半程度で一通りのヒアリングが終わりました。
 
それからお昼ご飯を食べに移動し、こちら名物の『味噌カツ定食』をごちそうになりました!!
関西では、探さないと味噌カツなんて食べられませんが、さすがですね。
普通にメニューにあるのですから。
打合せ後の食事は本当においしかったです!!
 
そのあと、コーヒーを飲みながら、またデータの持たせ方やなどについていろいろお話をしました。
現行のシステムでもデータをODBCで接続してACCESSで抽出している方なので、データの格納方法についてはとても重視されているようです。
当社のココナッツ販売管理は、こういうデータベースをお客様に合わせてカスタマイズ可能なので、そういう点でも期待して頂いているようです。
パッケージではやはり無理が発生します。
そういう点でかなり苦労されているようなので、今回のシステムではすっきりとしてあげたいですね。
 
気がついたらまた2時間ほど話をしてしまいました。。
少し、在庫評価価格(原価)について、DB設計上の課題がありますが、いくつか案は考えられそうです。
 
最終的な見積もりを出して、正式な発注をまだ頂いておりませんが、お互いメリットのある出逢いだったように思えるお仕事になりそうです。
 
嬉しかったことは、いろいろな質問に対して私の回答が即答で、かつお客様がなるほどと思うことが多かったようで、「今までいろんな大きなシステム会社のSEと話しをしてきたけど、こんなに話の早いSEは初めてだ」とありがたいお言葉を頂きました。
まだまだ成長の途中ですが、この言葉を糧としてまた頑張れそうです。
 
何よりもうれしいのは、このお客様が多くの情報の中かた、当社をみつけて電話をしてくれたことです。
一期一会とよく言いますが、ひょんなことから出逢い、一生お付き合いさせて頂いているお客様が増えてゆくことはかけがえのない幸せです。
大きな広告などはできませんが、自分のできることを少しでも皆さまにお伝えし、お役にたてますよう努力していきたいと思います。
posted by ミーズシステム株式会社 目面 秀信 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長として